QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
友情重い、貴重な

2016年06月24日

懸念に対し

17日に北京で、「今年1~5月の実行ベース外資導入額は541億9千万ドル(1ドルは約104.5円)に上り、前年同期比3.8%した。今年の対外投資の規模は外資導入の規模を上回ることが予想される」と述べた。

沈報道官は、「最近、一連の市場メディアが対外投資の増加率には一連の異常な要因が存在する可能性があると分析しているが、目下の状況から考えて、中国の対外投資の伸びは全体として正常であり、市場発展の基本ルールに合致しており、この伸びが続くとみられる。全体としていえるのは、対外投資の伸びが外資導入規模を超えるというのは、誰もがその実現を期待する朗報だということだ」と述べた。

同部がまとめたデータをみると、今年1~5月には国内の投資家が世界151カ国・地域の企業4136社に非金融分野の直接投資を行い、累計投資額は4792億6千万元(1元は約15.9円)に上り、前年同期比61.9%増加した。主な投資先は香港地区、ASEAN、欧州連合(EU)、オーストラリア、米国、ロシア、日本の主要7エコノミーで、投資額は591億ドルに達し、同期の対外投資額の80.4%を占めた。

まだ受け渡しが終わっていない取引も計算に入れると、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が引用したディールロジックのデータからわかるように、今年に入ってから現在までの間に、中国資本企業が行った海外での合併買収(M&A)取引は1108億ドルに上って、過去最高を記録し、15年の通年の1068億ドルを超えるとともに、14年の同期の3倍になった。

対外投資の急増は一連の新たな問題も引き起こした。たとえば、短期的な対外投資の急速な伸びが引き起こした外貨の購入・決済ニーズの激増が、外貨準備と国際収支のバランスにかかる圧力を極めて大きくする可能性があるとの懸念がある。沈報道官はこうした懸念に対し、「このような状況が一定のリスクを生み出すかどうか、関係当局が研究を進めており、方向性をもって必要な監督管理措置を取り、リスクを適切に予防することを検討中だ」と述べた。

対外投資が爆発的な成長期に入ると同時に、中国の外資導入が著しく鈍化している。5月には実行ベース外資導入額がやや減少した。同部のデータによれば、今年1~5月の大陸部の実行ベース外資導入額は3435億5千万元で同3.8%増加した(銀行、証券、保険分野のデータを除く)。5月単月では567億7千万元で同1%減少した。

沈報道官は通年の対外投資および外資導入の全体的な動きについて、「通常の統計データを踏まえると、今年の対外投資の規模は外資導入の規模を超える見込みだ」との判断を示した。


Posted by 友情重い、貴重な at 12:44│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。